【SwiftUI】paddingモディファイアの使い方(3)

  • URLをコピーしました!
目次

説明

Edge.Set構造体で余白の幅を指定します。

宣言

func padding(_ edges: Edge.Set = .all, _ length: CGFloat? = nil) -> some View

引数

edges

Edge.Set構造体で余白を指定します。

length

余白の幅を指定します。

Edge.Set構造体

Edge.Set構造体説明
top上の余白
bottom下の余白
leading左の余白
trailing右の余白
horizontal横の余白
vertical縦の余白

使用例

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        VStack {
            Text("padding(red)")
                .font(.title)
                .padding(.horizontal, 100)
                .background(.red)
        }
    }
}
  • URLをコピーしました!
目次